バクテリアセラピー

バクテリアセラピーについて

バクテリアセラピーとは、乳酸菌を活用して、体の中に善玉菌を増やし虫歯や歯周病等の感染症疾患を予防する世界最先端の新しい技術です。

人体には、500種500兆個の菌が住んでいて、重さにすると約2kgにもなります。

バクテリアセラピーは、抗生剤を用いて悪玉菌を無くすのではなく、体に必要な善玉菌を摂取して、善玉菌優位な環境を作るというものです。

バクテリアセラピーは、医薬品を一切使用しない事から副作用のない安全性が確保されており、内科・皮膚科・歯科医院で急速に普及し始めています。

他のお薬や食品と併用しても、問題ありません。

寝ている間は、抗菌作用、自浄作用のある唾液量が半減し、悪玉菌も増えやすくなりますが、ロイテリ菌を含んだタブレットを毎日就寝前に舐めてもらうと、虫歯と歯周病予防に効果を発揮します。

タブレットは1箱3000円(30個入り:約1か月分)です。

一般的なヨーグルトに含まれる乳酸菌では胃酸でなくなってしまいますが、乳酸菌の一種であるロイテリ菌は胃腸まで届くため、便秘・下痢・各種アレルギーにも効果があることが証明されています。(ひまわり歯科のスタッフや患者さんの間でもリピーター急増中です!)

バクテリアセラピーに関するご質問はスタッフまで、お問い合わせ下さい。

  • facebook
  • twitter
  • mixi