再生療法

再生療法

GBR(骨再生誘導法)

1. 骨、歯肉がなくなってしまった顎堤があります。

2. 歯肉をよけて、骨のない部分を明確にします。

3. 必要な量の骨を造るための場所を遮断膜で造ります。

4. その場所の中に骨再生誘導薬剤を注入します。

5. 遮断膜を歯肉で覆い、密封します。

6. 4~12ヶ月後、骨再生誘導薬剤が再生骨に取って代わります。

7. 十分な量の骨の中にインプラントを埋め込むことが可能になります。

  • facebook
  • twitter
  • mixi