歯周病

歯周病

歯周病と向き合うために

私たちは歯周病予防・治療に力を入れています。

最新の滅菌システムにより、常に清潔な診療器具を用いています。

1.歯周病とは?

歯周病とは歯と歯ぐきの隙間から細菌が入り込み、歯を支えている歯ぐきや骨などの歯周組織を破壊していく病気のことです。その進行が進むことにより歯ぐきの発赤・腫れ・出血・口臭・歯のぐらつきなど 様々な症状が現れます。現在、成人の80%以上が歯周病といわれており、歯を失う最大の原因となっています。歯周病も糖尿病と同じ生活習慣病としての慢性疾患であり、初期段階では自覚症状のないまま進行し、気づいた時には重度まで進行しています。「自覚症状が無い=歯周病が無い」ではなく、歯周病はあなたの気づかぬ間に忍寄ってきて、あなたのお口を破壊していくのです。また、歯周病が全心疾患(心臓病・動脈硬化・糖尿病など)の原因になることもあります。

2.歯周病治療

治療方法は一つではありません。当医院では患者さんそれぞれの状況や生活習慣のリズムに合わせて、ベストな方法を一緒に考えます。「歯周病かもしれない...」「家族に歯周病の人がいる」「口臭が気になる」などなど、気になることが少しでもある場合は、先生やスタッフに気軽にご相談ください。

3.歯周病と定期検診

歯周病は慢性疾患のため、残念ながら完治することはありません。しかし、その進行をストップさせることは可能です。個人でのコントロールは困難なため、定期検診でしっかりメンテナンスやクリーニングをおすすめします。そのために、当医院では患者さんに合わせて定期検診の期間や内容を決めています。歯周病は、きちんとコントロールさえしていれば決して恐い病気ではないのです。

4.歯周病の原因

※ 歯周病菌...お口の中には500種類以上の細菌がいます。その中の複数種類の総称。
※ 生活習慣病的要因...喫煙・糖尿病・過度のストレス・歯ぎしり・くいしばり、など。
※ 遺伝的要因

5.進行

歯周病は一度なってしまうと、その状況から悪くなるのを防ぐことしかできません。とにかく、若いうちから歯周病の存在に気付いてもらい、予防していくのが非常に重要になります。

歯周病の進行

健康な状態

歯周病1

歯槽骨が歯根(歯の根っこ部分)全体を取り囲み、歯ぐきが引き締まっている状態で、歯が動揺する(ぐらぐらする)事がありません。また、歯と歯ぐきとの溝が浅く少々の刺激では出血することもありません。

歯周病の初期

歯周病2

歯槽骨の吸収が歯根の上部に見られる状態です。このステージでは歯ぐきの炎症も見られることが多く、ブラッシング時には出血することがよくあります。

歯槽骨の吸収が歯根の上部のみに見られる程度では殆どの場合歯は動揺しません。口臭はこの初期の段階からみられます。歯と歯ぐきとの溝も深くなり始めますが、これを「歯周ポケット」といいます。

歯周病の初期

歯周病3

歯槽骨の吸収が歯根の上部に見られる状態です。このステージでは歯ぐき の炎症も見られることが多く、ブラッシング時には出血することがよくあります。歯槽骨の吸収が歯根の上部のみに見られる程度では殆どの場合歯は動揺しません。

口臭はこの初期の段階からみられます。歯と歯ぐきとの溝も深くなり始めますが、これを「歯周ポケット」といいます。

歯周病の末期

歯周病4

歯根の先端付近まで歯槽骨が吸収している状態です。

中期の症状に加えて噛み合わせが崩れることも多く、腫れ、自発痛、排膿、出血、動揺などの個々の症状が強く出る傾向にあります。この段階では歯を残すことはできないケースがほとんどです。

よく、患者様とお話していると、歯周病が発症するのは年齢的なものが原因なので、避けられないものだと思ってらっしゃる方が多いように思います。
しかし、実は高齢になってもメンテナンス次第で歯を残すことが可能です。とはいえ、確かに高齢になると免疫力が衰えてきます。ですので、高齢というのは歯周病の大きなリスクであることは間違いありません。

また、その他歯周病のリスクとして、糖尿病などの免疫力の弱くなる全身疾患や喫煙などが挙げられます。

  • facebook
  • twitter
  • mixi