ブログ

ブログ詳細

おしゃぶりは出っ歯になる?歯並びに悪影響なのか


赤ちゃんといえばおしゃぶりをくえわえている可愛らしい姿が想像できますよね(*^^*)

泣いている赤ちゃんをあやすときによく使う方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ずっとおしゃぶりを使用し続けると歯並びに悪影響が出る恐れがあります。

 

ですが、3歳くらいまでであればおしゃぶりを使用していても問題はありません。

乳歯が生えそろった3歳くらいであれば、永久歯にあまり影響はないということです。

 

しかし油断は禁物です!

 

おしゃぶりによる悪影響は非常に個人差があり、赤ちゃんがおしゃぶりをくわえる力や時間、赤ちゃんの顎の強さなどが関係してきます。

 

もしおしゃぶりが原因で乳歯の段階で歯並びに悪影響が出てきた場合意識して徐々にやめさせることが望ましいです。

 

おしゃぶりと指しゃぶりはよく似ていますが指しゃぶりの方が要注意です!

おしゃぶりよりも指のほうが硬いので、歯並びに影響が出やすくなります。

 

おしゃぶりの使い過ぎや指しゃぶりで歯並びが悪くなってしまった場合には歯の矯正で治すことができます。

 

場合によっては乳歯のうちから始めたことがいいこともあります。

お子様の歯並びや矯正に関して不安のある方はお気軽に無料の矯正相談をご予約ください。

 

おしゃぶりや指しゃぶりの相談や、歯の矯正のご相談も大歓迎です(*^^*)

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi