ブログ

ブログ詳細

花粉症と歯の関係


この時期花粉症に悩まされる方は多いと思います。

 

歯茎などの末端の組織は免疫力が下がりやすいので要注意です!

普段はなんともなくても、免疫力が下がることで急に口内の菌に負け、急性の歯周病になったりすることがあります。

よく「季節の変わり目には風邪を引きやすい」と言われますが、実はこの時期は歯のトラブルにも遭いやすいのです。

 

花粉症の主な症状の1つが、鼻水・鼻づまりですよね。

酷い時には「鼻で息ができない!」となってしまうこともあるかと思います(*_*)

 

実はこの症状こそが、歯周病を招く原因となるんです!!

 

鼻呼吸ができないと自然に口呼吸になり、口の中の水分が蒸発して、カラカラに乾いてきます。

口内にいる菌は乾燥状態で繁殖しやすいため、その状態が続くと歯の周りに歯垢(プラーク)がつきやすくなってしまいます。

これが歯周病の直接的な原因となるのです。(また、虫歯にもなりやすくなります。)

ちなみに、花粉症の症状を抑える薬には、唾液の分泌を抑える副作用があるものも多いのだとか。そのため、花粉症のトラブルがおさまっても、口の中は乾燥が進んでかえって症状が悪化する場合もあるので注意しましょう(*^^*)

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi