ブログ

ブログ詳細

妊娠中の歯科治療について


妊娠中の歯科治療にはいくつか気をつけなければならないポイントがあります!

 

1)治療時期について

比較的症状も少なく安定期とされる妊娠中期(5ヶ月から7ヶ月)であれば、通常の歯科治療は問題ありません。

胎児に影響を及ぼす可能性がある初期や、母体に負担がかかる後期は、緊急を要しない限り口の中の衛生指導にとどめます。

2)レントゲン撮影について

歯科でのレントゲン撮影によって受ける放射線量は非常に少なく、また撮影時に防護エプロンによって腹部を覆えば、レントゲン撮影による胎児への影響はほとんどないと考えられています。しかしながら最近ではその影響の可能性を示唆する報告もありますので、診断及び治療に不可欠と判断されたときに最小限の撮影を行うようになります。

3)薬剤について

通常の歯科治療で使用する局所的な麻酔は問題ないと言われていますが、抗菌薬や鎮痛薬については注意が必要です。抗菌薬の中には胎児に悪影響を及ぼす薬があり、薬剤アレルギーがなければ、ペニシリン系やセフェム系などの抗菌薬が比較的安全とされています。鎮痛薬については母体と胎児への影響を考えると、できるだけ飲まない方がよいと思われます。いずれの薬剤も妊娠中の投与に関する安全性は確立されていませんので、治療上の有益性が危険性を上回ると判断した時に、最小限の量を投与することになります。

 

 

以上が注意すべきポイントですが、もし妊娠以外に心臓病、糖尿病や妊娠中毒症などを合併している場合は、より慎重な対応が必要となります。その時は歯科だけでなく産婦人科の先生とも相談された方がよいでしょう。

もちろん妊娠される前に歯科的な問題を解決されておくことが必要ですが、妊娠をするとお口の中の環境も変化しますので是非検診にいらしてください(*^^*)

 

小岩 ひまわり歯科

 

 

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi