ブログ

ブログ詳細

歯を強くする栄養素


こんにちは!
今日は食事の面から歯をサポートするために、歯を強くする食べ物をご紹介します。
カルシウム
歯の原料となります。身体のカルシウムの99%は、歯と骨に含まれます。
牛乳、乳製品、小魚、桜えび、大豆、大豆製品、干しひじき、ごま、小松菜
たんぱく質
歯の土台(歯茎)を作ります。また、身体の成長や脳の発達にとても重要な栄養素です。
卵、魚、肉、牛乳・乳製品、大豆・大豆製品
マグネシウム
歯を支える歯槽骨の構成成分であり、カルシウムの吸収も助けます。不足しますと、歯茎の血流を悪化させることで、炎症を起こしやすくし、歯周病の発症・悪化をさせます。
大豆、アーモンド、海藻類、玄米
ビタミンD
腸から吸収したカルシウムを、歯や骨に送り込む働きがあり、カルシウムの利用を高めます。
また、歯の硬さに関係する栄養素です。
魚介類、きのこ類、きくらげ
ビタミンA
エナメル質を作ります。歯胚形成期に必要な栄養素であり、不足すると、歯の成長が遅れ、エナメル質の形成に障害が出ます。
卵、うなぎ、チーズ、緑黄色野菜(β-カロテンとして)
ビタミンC
象牙質を作ります。歯胚形成期に必要な栄養素であり、不足すると、象牙芽細胞に障害が出て、完全に形成されません。また、健康な歯茎を形成するのにも役立ちます。ビタミンCは、歯周病により分解される歯茎の構成成分(コラーゲン)の生成のために、必須の栄養素です。さらに、傷の治りを早くするので、抜歯やインプラント挿入後のケアにも注目の栄養素といえます。
野菜類、果物類、いも類
みなさんもぜひ意識して食事に取り入れてみてくださいね(*^^*)
小岩 ひまわり歯科

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi