ブログ

ブログ詳細

歯垢と歯石の違いについて


今回は歯垢と歯石の違いについてです(*^^*)

歯垢と歯石はどこが違うのか、なかなか聞かれる難しいと思います。

 

簡単に説明すると、歯磨きで落とせるのが歯垢

歯磨きだけでは落とせないのが歯石です。

 

歯垢とは、白くてネバネバしたもので、

食べ物のカスや歯の垢ではなく、細菌の塊です。

歯垢の段階では歯磨きで取り除くことができますが

やがて歯石に変化すると歯磨きでは取り除けなくなります。

歯石とは、歯垢が硬くなったものです。

歯磨きで磨き残した歯垢が唾液の中のミネラルと結合して

硬くなってできます。

 

「石」という字の通り歯石はとても硬く

いったんついてしまった歯石は歯ブラシでは取ることができません。

 

放置すると歯石はどんどん硬くなり、増え続けます。

 

歯石の表面はデコボコしているために歯垢が付きやすく

細菌の温床になるばかりではなく歯肉を刺激して

歯周病の原因となったり、歯周病を悪化させます。

 

鑑でご自身のお口の中をみてみたとき、いかがでしょうか??

 

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi