ブログ

ブログ詳細

歯の健康は体の健康


今日はちょっとした雑学のお話です(*^^*)

 

原始時代の虫歯事情ってご存知ですか?

 

なんと、虫歯自体が存在しなかったといわれています。

調理するといえば「焼く」くらいで、ほとんど硬いものしか口にしなかった時代です。

硬い食べ物は必然的に「噛む」行為が増えるのでその分唾液が分泌し、口内の細菌を洗い流すとともに「酸」を中和する作用が働いていたそうです。

 

「煮る」「炊く」などの調理法を人類が覚えて食べ物が柔らかくなると、噛む回数も減りはじめました。

一説によると、一回の食事で「噛む」行為は、縄文時代には4000回、戦前で1500回、そして今や600回といった具合に激減しています。同時に柔らかい食べ物は歯にこびりつきやすく、虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)が生じます。

 

虫歯や歯周病、つまり充分に「噛む」ことができない状況は、身体にとっても悪影響を及ぼします。

胃腸などの内臓系にも負担をかけますし、頭痛や肩こり、姿勢の悪化、顔の表情筋の衰えがもたらす脳の働きの低下など、挙げればきりがありません。

また、口内の歯垢に含まれる黄色ブドウ球菌などが誤って肺に至り、肺炎を引き起こすといったショッキングな調査結果も発表されています。

 

このような結果を見ると、歯を大事にする事は体を大事にすることにつながることがよくわかりますよね!

わたしも食事の時はたくさん噛むことを今日から意識したいと思います!!(*^^*)

 

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi