ブログ

ブログ詳細

ホワイトニングは歯に悪い?


 こんにちは!

ただいま分院のよつば歯科クリニックにてホワイトニングキャンペーンを行っておりますのでホワイトニングをご希望される患者様が大変増えています(^^♪
年内のご予約埋まりやすくなっておりますのでお早目のご予約がおすすめです。
 
さて、ホワイトニングをやってみたいけど、歯を白くするのだから歯に悪いんじゃないの?
というご質問を受けることが多いので、今日のブログのテーマはホワイトニングをすると歯に悪いのか?ということです。
 
確かにホワイトニング剤は酸性ですので、歯の表面が少々溶けます。(脱灰といいます)
こうお話すると少し不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、実は食べ物や飲み物のほとんどは酸性です。
それを思えば、ホワイトニングによる脱灰は唾液の中に溶け込んでいるカルシウムが歯に戻ること(再石灰化)によって、自然に修復される程度のものですので毎日の食事と同程度の脱灰です。
特別に心肺するほどではありません。
 
また、ホワイトニング剤は細菌を減らす働きを備えているので虫歯や歯周病のリスクの軽減にとても有利です!
 
そして、ホワイトニング後のぺリクルのない歯は、ぺリクルのある歯に比べ再石灰化しやすく、ホワイトニング前より後のほうが歯が硬くなって耐酸性がアップすることが、いくつかの研究によって明らかになりました。
さらにフッ素やリカルデントの取り込みも盛んに行われるので、ホームホワイトニングの方はトレーにフッ素やリカルデントのジェルまたはペーストを塗って装着したり、オフィスホワイトニングの方は歯に塗布したりすると更なる虫歯効果が期待できます。
 
歯を白くするだけでなく、虫歯予防効果も手に入れることができるのです(^^♪
 
ほわほわ 

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi