ブログ

ブログ詳細

ミュータンス菌の母子感染


こんにちは!

みなさんは虫歯ができやすいですか?

できにくいですか?

 

実は赤ちゃんの時からある程度虫歯の出来やすさは決まっています。

 

虫歯の原因となるミュータンス菌は、産まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。

やがて、お母さんや周りの人の口の中にいたミュータンス菌がやってきます。

 

ストローで移ったり、

大人が使った箸やスプーンで移ったり、

キスで移ってしまったり、

口移しで食べさせてしまったり

 

といった理由で移ってしまいます。

 

歯が生えてないうちはミュータンス菌は住み着きませんが、歯が生えてきたらミュータンス菌はさっそく住み着きます。

(生後6か月~3歳までが最も感染しやすい時期です)

 

ミュータンス菌の母子感染を予防するには・・・

一緒に生活する上で、ミュータンス菌の感染を完全に防止することは難しいですが、まずは赤ちゃんのそばにいる周囲の人たちが、お口の中を清潔に保ち、ミュータンス菌を減らすことから始めましょう(^^)/

 

その中でも、お母さんのお口の中の健康がなによりも大切です。

最も効果があり理想的なのは、妊娠期の母親の口腔ケアからお子様への虫歯予防をスタートさせることです。

 

お子様への感染の時期が遅いほど、お子様の虫歯予防につながります!

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi