ブログ

ブログ詳細

虫歯の始まりと唾液の働き


虫歯はどうしてできるの?

 

お口の中の歯垢(プラーク)の中にいる虫歯菌が、食べ物から栄養をとり、糖を分解して酸を作ります。

この酸によって歯の表面からミネラル成分(カルシウム・リン)が溶け出します。

これが虫歯の始まりです。

 

歯垢=プラーク

歯垢とは、食べかすや歯の垢(あか)ではなく、ネバネバした細菌の塊です。

歯垢の中には虫歯菌がいっぱい!

 

歯垢の中では、虫歯菌が酸を作って、歯の表面を溶かし始めています!

 

唾液が虫歯から守ってくれています(*^^*)

唾液には、酸を中和する働きや、酸によって溶かされたミネラル成分を元に戻す働きがあります。

この働きが、溶かされる成分量に追いつかないと、虫歯になってしまうのです。

 

虫歯を防ぐためにしっかり歯を磨いて口の中を衛生的に保ち、

定期的に歯科でクリーニングを行いましょう(^^)/

 

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi