ブログ

ブログ詳細

何故歯石は取ったほうがいいのか?


歯石とは?

お口の中で歯の周りにつく石のようなものです。プラーク(細菌の塊)が唾液の中のカルシウムやリンなどのミネラル成分と結びついて石のように固くなったものを歯石と言います。

 

歯石自体は石なので悪いものではありません。歯石は軽石のように小さな穴が空ていて、そこを住みかに細菌が繁殖し、毒素を出します。その毒素が歯茎を腫らせたり、歯の周りの骨を溶かす歯周病の原因になります。歯石の中の細菌は歯磨きなどでは取れないので、歯石ごと細菌を取る必要があります。歯周病は糖尿病、心臓病、脳卒中、慢性腎疾患、肺炎、骨粗しょう症、癌および早産などの合併症を伴うことがあります。そのため歯周病を改善することはとても重要なことであります。

 

なぜすぐにプラークが歯石になってしまうのか

歯は食事をする度に表面のミネラル成分であるカルシウムやリンが溶け出して(脱灰・だっかい)しまいますが、唾液の中にあるミネラル成分によって元に戻ります(再石灰化・さいせっかいか)。このように唾液の中には歯が虫歯にならないように、大量のミネラル成分が含まれています。だから、プラークが残っていると48時間で歯石になってしまうのです。

 

歯石は3ヶ月に1回くらいのペースでとるといいでしょう(*^^*)

 

また、歯石を除去したあとは

知覚過敏で歯がしみたり腫れていた歯茎がきゅっと引き締まるので歯ぐきが下がることがあります。

また、重度の歯周病の方は歯が揺れることもあります。

 

歯石を予防するためには

毎日汚れをしっかり落とし、出血のない歯茎を保つことです!

また、きれいな歯並びは歯をきれいに保てやすいのであまりにも歯並びが悪い方は矯正も検討すると良いでしょう。

 

歯石は口臭の原因になりますので定期的に歯科でクリーニングしましょう(*^^*)

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi