ブログ

ブログ詳細

前歯を保険で差し歯にしない方がいい?


まず、差し歯とは、歯の根が残っている時にその根を使って被せ物をすることです。

差し歯は残っている根の中を治療した後に土台を立て、被せものをします。以前は土台と被せものが一体となっていたものを、根の中に差し込むようにしていたために差し歯と呼ばれています。根が残っていない場合はインプラントや入れ歯、ブリッジをすることになります。

 

何故保険で前歯を差し歯にする人が少ないかというと・・・

 

◆歯茎が黒くなってしまう

◆差し歯は色が黄色くなってしまう

◆差し歯の形が大きくなってしまう

◆他の歯と色が合わせにくい

◆プラスチックがはがれる

◆汚れがつきやすい

◆隙間から虫歯になりやすい

◆残っている根が折れやすくなる

◆残っている歯が黒くなってしまう

 

と様々な理由が挙げられます。

 

目立ちやすい前歯には特に金属を使用しないセラミックがおすすめです(*^^*)

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi