ブログ

ブログ詳細

咬み合わせ応力による楔状欠損


歯ぎしりや食いしばりで歯に力がかかり、歯の首が楔状(くさびじょう)にかけた状態です。

 

多くの方が睡眠中に無意識に食いしばったり歯ぎしりをしていることが最近の研究でわかっています。

日中の奥歯での最大噛みしめ力はおよそ、その人の体重ほどですが、睡眠中の食いしばりにはその1.5倍~2倍の力がかかっています。

体重60kgの人では、睡眠中んい90~120kgの噛みしめが行われているわけです。

それが長年続くと、次第に歯がすり減ったり、欠けたり、ひどい時には歯が割れたりしてしまいます。

またこの噛みしめ力は、歯肉や歯を支えている骨にもダメージを与え、歯周病や歯並びを悪化させることがあります。

詰め物やかぶせ物がよく外れるという方は夜間の歯ぎしりや食いしばりが原因かもしれません。

 

消耗した歯は当院にて治療が可能です。

しかしこれはあくまでも根本的な治療にはなりません。

 

歯ぎしり、食いしばりは精神的ストレスが加わるほど強くなることが分かっています。

リラクゼーションを心がけて、食いしばに気づいたらやめるようにしましょう!

 

このようなことでお困りの方は保険でマウスピースを製作できますので是非ご来院ください(*^^*)

 

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi