ブログ

ブログ詳細

歯を失ったら、歯肉と顎の骨にはなにが起こるのでしょうか?


抜歯直後には、歯があったところの空洞に血餅が形成されます。

 

その後の数週間でその空洞の壁からやってくる細胞と血管が骨を作り、空洞を修復します。

 

同時に歯肉の細胞が血餅の上を伸びて歯肉が新生し、空洞が閉鎖します。

 

残念なことに、骨も軟組織も治癒とともにボリュームを失います。

組織の喪失の程度は、個々の病変の広をがりや抜歯中の組織損傷を含む多くの原因に依存します。

 

抜歯後の組織の喪失は、抜歯時に起こる骨や軟組織への損傷をできる限り小さくし、抜歯時に骨を除去しないことで最小限にすることが可能です!

 

さらに組織の喪失や減少を最小限にするためには、抜歯後の空洞に骨移植材料を填入することもあります。

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi