ブログ

ブログ詳細

糖尿病や骨粗しょう症でもインプラント治療はできますか?


たまにこのようなご質問をいただくことがありますが、可能です!

糖尿病はインプラント治療の禁忌症ではありません。

 

しかし、インプラント治療開始前には、糖尿病がよくコントロールされていることが必要です。

加えて、術後の感染リスクを避けるため抗生剤の処方が必要となります。

インプラントの治療期間(インプラントが埋入されてから修復物が装着されるまでの期間)を延長することもあります。

 

また、骨粗しょう症の場合ですが、飲むタイプ(経口)のビスフォスフォネート製剤を使用している場合であれば、たいていはインプラント治療が可能です。

国際コンセンサス会議では、インプラント治療前に経口ビスフォスフォネート製剤の服用を中止する必要ないだろうと結論付けています。

しかし注射のビスフォスフォネート製剤を使用している場合には、いかなる口腔内の手術も絶対的禁忌となります。

 

 

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi