ブログ

ブログ詳細

どんな状態でも歯は残したほうがいい?


みなさんのお口の中に、虫歯で大きく歯が損傷してしまっていたり、ぐらぐらと動揺しているけど放っておいてしまっている歯などはありませんか?

 

「抜歯が必要です。」と言われると、たいていの患者さんは大きなショックを受けます。

「歯をできるだけ抜かないようにするのが名医」などと考える人もいるでしょう。

しかし歯周病が進行してしまった歯を残すと、その歯を支えている骨だけでなく、隣の歯や周辺の骨にまで悪影響を及ぼします。

骨が溶け、すでに噛む機能を果たしていない歯を残していてもなんの役にも立ちません。

結局、抜かざるを得なくなるケースがほとんどです。

 

抜歯を遅らせたことで、抜いた後の状態が悪くなって入れ歯を入れるのが難しくなったり、腫れや痛みなどの不快な症状を繰り返したりする原因にもなります。

 

なんとしてでも歯を残したいという患者さんはたくさんいますし、抜きたくないという気持ちも理解できます。

でも歯科は必要があるから抜歯をするのです。

 

抜かなきゃいけない事態を避けるために普段からしっかりケアをしていただくのが一番ですが、歯がなくなったところには歯を補わなければなりません。

インプラントやブリッジ、入れ歯などさまざまな方法がありますので、お悩みの方はぜひ一度ご相談ください(*^^*)

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi