ブログ

ブログ詳細

若い人でも歯周病になるの?


こんにちは!

急に寒くなりましたね。

みなさんお風邪などは引かれてないでしょうか?

 

今日は歯周病に関するお話です。

歯周病はかつて歯槽膿漏と言われていたためか、「高齢者の病気」のイメージを持たれることが多いようです。

確かに加齢とともに患者数は増加していきますが、若者が歯周病にならないわけではありません。

厚生労働省が2011年におこなった「歯科疾患実態調査」によると、すでに15~19歳で4.5%、20代は約14%、30代になると4人に1人が歯周病になっています。

未就学児や小学生でも、歯石の付着といった歯周病予備軍の症状が見られます。

 

また歯周病の中でもとくに重症化しやすいタイプの「侵襲性歯周炎」は、過去に「若年性歯周炎」とも呼ばれており、10代や20代といった若い世代で数多く発症します。

進行が速いので、40代で総入れ歯になる人もいます。

若い頃は歯の健康には無頓着という人がほとんど。

将来、歯がボロボロになって後悔しないように、若いうちから虫歯予防だけでなく、歯周病予防も始めましょう!!!

 

 

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi