ブログ

ブログ詳細

歯科医療から全身の健康維持のための歯科的アプローチ


 

こんにちは!

今日は歯周疾患と全身の健康の関連性に関するお話をしたいと思います。

 

かつてニューヨークタイムスが、歯周疾患が心内膜炎と大きく関わっているとして、「あなたは死を選びますか、歯科治療を選びますか」といった記事でセンセーションを起こしたことは記憶に新しいところです。

 

さらに今、噛むことが認知症の予防のみならず、一定レベルに達した認知症患者の社会復帰に貢献するということから介護施設でも歯科との連携を取り入れた施設が全国に広がりつつあります。

口腔ケアが慢性疾患や心疾患の予防にも効果があるという疫学的データにおいて評価され、病院との連携が重要であることが厚生労働省に認められました。

 

さらに、咬合とストレスの関係、無呼吸症候群や睡眠障害、睡眠時ブラキシズムがもたらす問題が脳科学とともにクローズアップされてきたのもうれしいニュースです。

 

無呼吸症候群は睡眠時の舌根沈下による起動閉塞であるということから、口腔内容積の確保と就寝時の姿勢(うつぶせ寝)を習慣づけることによって舌根が気道を圧迫することを回避できるとされていますが、実は無呼吸症候群と顔面骨格形態の間には少なからず関連があります。

これによって舌根が気道を塞ぐリスクが高いのです。

また歯がない状態で義歯を用いず長く放置されると舌の肥大により同様のことが起こります。

 

お口の健康は全身の健康と深く結び付きがあることがわかりますね!

 

ひまわり歯科では虫歯治療から歯列矯正まで様々な分野で対応しています^^

お気軽にお悩み相談にいらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi