ブログ

ブログ詳細

歯周病と全身疾患


こんにちは!今日は歯が失われる大きな原因のひとつ、歯周病についてお話したいと思います!

 

食べ物が体内に取り込まれるとき初めて出会う消化器官は歯です。

それだけに歯周病によって歯が失われると、からだ全体に大きな影響が及びます。

歯周病菌が血管に入り込むと心内膜炎を引き起こします。

また、血管内膜に付着し動脈硬化、脳卒中などの原因となり、さらに気管に入りこむと誤嚥性肺炎を引き起こす原因のひとつになっていることが最近の研究で明らかになってきました。

歯周病は痛みを伴わずに進行するため、歯医者さんに受診する時期が遅れる傾向があります!

 

歯周病から悪化する主な病気は糖尿病、肺炎、狭心症、心筋梗塞、認知症、低体重症、骨粗鬆症などです。

 

残存歯数とアルツハイマー型認知症の関係を見てみると、

70代後半の平均残存歯数は

アルツハイマー型認知症の人が3本であるのに比べて健康な高齢者は9本なんです!!

 

年をとっても健康な歯を保つためにも意識を高めて定期的な歯科検診や歯科ドッグを受けましょう♪

 

 

 

 

ひまわり歯科クリニック

住所 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-6
電話番号 03-5622-2350
営業時間 午前 10:00~13:00
午後 14:30~20:00
△土・日曜日午後は14:00~17:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Klb5nt
  • facebook
  • twitter
  • mixi