医療費控除について

医療費控除を受けるにあたって、一年間に支払った医療費が10万円以上だった場合、医療費が税金の還付・軽減の対象となります。

 

所得税率が大きくなるほど控除される医療費は大きくなりますので、高所得者ほど医療費控除できる税金は多くなります。

 

例えば、

 

年収600万の方が60万の医療費(インプラント)を支払った場合

 

医療費控除の対象額インプラントの治療費60万10万円50万円

 

国税(所得税)からの控除額医療費控除の対象額50万円×20%10万円

 

地方税(住民税)からの控除額医療費控除額の対象額10万円×10%5万円

 

15万円戻ってきます!

 

国税(所得税)からの控除額10万円+地方税(住民税)からの控除額5万円=15万円が戻ってきます。

つまり、インプラントの治療費60万円のうち15万円が還付金で戻ってくるので、

60万円ー15万円=45万円が実際のインプラントの治療費ということになります。

 

インプラント以外に、矯正治療やセラミック治療なども医療費控除の対象になりますので、当院で渡す手書き領収書を大切に保管しておいてください。

病院で発行された領収書には収入印紙は必要ないので、そのまま確定申告に使えます。

 

 

 

 

 

 

  • facebook
  • twitter
  • mixi